事故の時のための保険

事故の時のための保険について

交通事故の保険手続きはお任せ

交通事故を起したら、まず怪我人などの救護をして必要なら救急車を呼びます。さらに警察にも連絡して処理をしてもらう必要があります。そして最後に保険屋に連絡し、あとはその担当者に手続きを一任しましょう。自分が加害者であろうと、被害者であろうと、相手方と勝手に交渉したり謝ったりしてはいけません。あとから話がこじれる可能性があります。担当者に一任しておけば、ほとんどの場合丸くおさまります。高いお金を出して加入している保険の真価は、この事故を起した時に初めてわかります。もし担当者の対応が良くなかったら他社に乗りかえすることも検討すべきでしょう。

事故の時に保険の価値がわかる

普段の日常生活では全く意識する事のないのが保険です。事故になって始めて細かな契約内容を理解する事も珍しくありません。賠償責任を負ってしまって高額な慰謝料を払う事になったり、死亡後の家のローン返済や子供の学費負担、病気になった時の高額な先進医療費用の支払いなど、解決策が保険しかない事に対して備えているのに、その加入内容を充分に理解していないのは本当に危険な事です。家族や自分の生活を守る手段でもある大切な仕組みですので、契約内容をよく理解して加入していなければ、万が一の事故の時に役に立たないこともあります。

↑PAGE TOP